yokosuka_rogo

十三峠の無人直売所ストリート ~健康的な地産地消 ~

 | ,  | 
パノラマな景色と無人直売所

 

「おぉぉ!こんな近所に直売所が♪」。名付けて“十三峠 無人直売所ストリート”。
9月の記事「散歩の素人~てくてく横須賀田浦編~」で触れたのの字坂”、“浦賀道十三峠”の奥、見晴し良い通りに5つの無人直売所(以下、「直売所」)が点在していました。

点在する無人直売所。今日はどこになにがあるか、そんなドキドキ感を楽しめます。

直売所には、今朝獲れたばかりであろう、みかん、大根、はやと瓜などが売られていました。獲れたてのお野菜がおいしそう。

 

おいしい自家製ジャムと梅干し
このストリート最奥の直売所の「FUJIMOTO FARM」さん。藤本さんご夫妻にお話しを伺いました。

笑顔がすてきな藤本孝司さん、初江さんご夫妻。突然の取材にこころよく応えてくれました。

「ご近所さんはもちろんだけど、ハイカーの方もよく買っていかれるのよ。事前に電話もらうこともあるの、あさって行くからなにか置いておいてくれる?とかね。そういうのはうれしいわ。」とは、奥さんの藤本初江さん

 

青野菜や根菜などがきれいに並んでいる、建物の一角を利用した直売スペースの棚。
カブや大根、ほうれんそうなどの青野菜はどれもみずみずしい。おイモは種類豊富。スィートパープル”、紅はるか”などのさつまいもに加え、里芋もあります。
野菜ひとつひとつ、その名前や特徴、さらには、すぐに食べたい気分になってくる、おいしい調理の仕方などを丁寧に説明してくれました。藤本さんは現在専業の農家さん。野菜を熟知しているゆえのお話しに惹き込まれました。これらのお野菜は横須賀しょうぶ園でも販売されているそうです。

かわいい看板がある「FUJIMOTO FARM」の入り口。
ひょうたんのようなカタチのバターナッツかぼちゃ

 

野菜以外のものもありましたよ。
季節ごとの自家製ジャム。わたしは「バターナッツジャム」を選びました。バターナッツかぼちゃを主原料につくられた無添加ジャム。自然な甘みとコク、めっちゃおいしかった!漉してポタージュにして食べるのもお勧めだとか。
自家製梅干しもサイコーでした。酸味の奥に甘みがあります、スッパおいしい。あったかいご飯にのせたら梅の香りたちのぼりました。ご飯がすすむ逸品、私は3杯イケましたよ。表面の自然なつやが美しい梅干しでした。
もちろんどちらも初江さんの手作りです。

どちらも絶品でした

 

5箇所合わされば・・・
別の直売所。野菜を買いに来ていたおばあさんに会いました。
「(ここから)下ぁ~の方に住んでてねぇ…。散歩のついでに毎日のように買ってますよ。・・・ここいらは坂ばっかでねぇ、バスとかもねぇしね。ま、この野菜と坂の登り降りのおかげでまだ元気だぁ」と。
ご近所や仲間のあいだで、「あっちに置いてある○○さんチのオクラはでっけぇなぁ」とか「あそこで売ってた△△さんチの柿はあまかったぁ」とか、ときどき話すそう。
健康的な地産地消と、野菜を介しての地区の人たちのコミュニケーション。無人なのにイイ仕事してますね、直売所。

 

「今日はどこになにがあるかな?」。
それぞれは、品揃えは多くなく不定期販売だけれど、5つの直売所がいれかわりたちかわりで、この地区の八百屋さんみたいな存在になっているのだと思いました。

 

十三峠。ひらけた景色とあたたかな日差しにのどかな気持ちになれる。おいしい野菜や手作りの逸品が手に入る。おすすめです、ココ。谷戸の散策は発見がたくさん。