yokosuka_rogo

健康食と香りの探求 ~ 真心詰まった「カフェ 500」の裏付けられた魅力!~ A spirit of enquiry for healthy food and taste, Cafe 500 in Nagasawa, Yokosuka.

 | ,  | 

Lower price setting for aged person who think cooking trouble to do, and for giving intake ideal quantity of Calcium for health, Mr. Oyaizu opened “Café 500”. On the buffet board, there are special food menu he contrived, which has nice smell with natural material, make us appetite…

 

物理学者の長岡半太郎記念館で知られる京急長沢駅に『カフェ 500』はあります。経営するのは、農学博士で東京大学名誉教授の小柳津 広志先生。元生物生産工学研修センター教授で以前には「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)にも出演。
5年間の準備構想期間の中、高齢者向けの運動と食の施設の併設を考えていたクリニックビルのオーナーと知り合い意気投合。2階のバリアフリーのフロアを借り受け、今年3月念願のカフェレストランを地元長沢にオープンしました。

 

オーナーの小柳津先生。高齢者向けの健康食を日夜研究し続けている、素敵な笑顔の先生。
取材中も丁寧にお店のことを説明され、穏やかで暖かいお人柄に触れることができ、心が温まる思いでした。

 

1階は高齢者向けのトレーニングスタジオ。駅からも近く便利!

 

動機は「高齢者のため」。
高齢のひとり暮らしの方は、食事を作るのに面倒臭くなりがちで、買い物もおっくうになる。何か役に立ちたいと、現役の頃から考えていた。
日本人の「カルシウム不足」も、もう一つの動機だ。カルシウムが豊富な乳製品をたくさん摂取する欧米人は、高齢時にも猫背にならない。自身の研究で、日本人の一般的な食事では、1日あたりのカルシウムの必要量の半分程度であることが判明。原因は、小海老や小魚等を摂取しなくなってきているためだとか。解決すべく、健康維持のためにカルシウムを豊富に取れる食事の提供を考えていました。

 

手軽さと健康と香りの美味しさの探求
ランチ・ディナーとも、食材にこだわったビュッフェスタイル。
高齢者が継続して利用できるような価格設定。旬のものの提供や香りの効果などの工夫とこだわりがあるメニューを美味しく楽しめる。例えば “抹茶うどん”、うどん粉に抹茶とカルシウムを配合してカルシウム不足を補うよう工夫。職人技のようですね。

 

季節に合わせ、夏は冷やしうどん、冬は鍋焼きうどんと食べやすさにも配慮。
ディナー食べ放題で700円(高齢者限定)はお得!

 

“サケの幽庵焼き”や、ストレスをかけずに育てたSPF豚を使った、とっても柔らかい“ノンフライミルフィーユ豚カツ”等がある。メロンの香りをクリームにも染み込ませた特製“ロールケーキ”等、お菓子教室に通って習得した、スイーツも充実!
手間隙かけて、そして健康や食べる楽しさを考えて作られた先生のメニュー、どれも食欲をそそります。そしてどの料理もおいしい&愛情たっぷり。口にいれたとき、感動しました。

 

 

彩りや香り、口当たりと栄養。どれも考えられたメニュー。豚カツに使うSPF豚は煮ても灰汁が出ないとか!

 

先生の探求はとどまらない。「香りの効果」の研究にも日々余念がない。
旨みを引き出すには塩分が必要だが、それが塩分の過剰摂取にもつながっている。先生は料理に香りを積極的に織り交ぜることで、塩分を控えた美味しさを追求しています。
特別に香りの相性の実験をし 実際に食べさせてくれました。

 

ローズマリー(左)とタイム(右)。バターと相性がいいのは・・・、タイムでした。驚くほど違う食材同士の香りの相性。

 

健康と香りのおいしさを探求する小柳津先生の料理が楽しめ、高齢者にスポットを当てながらも本格的なメニューを提供している、なんともすてきな「カフェ500」のコンセプト。あっと驚くような素敵なお料理と出会えるかも知れません。

 

 

INFO

カフェ500
住所: 横須賀市長沢1−32−9 プラザ長沢2F
営業時間:月~土 11:00~22:00(L.O 21:00)
定休日: 日曜日
定休日には、ご友人や気の合う仲間とのコミュニティーの場として無料でご利用できます。要予約。
電話 :046-874-8088
Mail : rn8w8a@bma.biglobe.ne.jp