yokosuka_rogo

図書ボランティア 次世代へ繋ぐファンタジー ~Fantasy, connected to the next generation

 |  | 

English to follows

 

一歩ずつ一歩ずつ、足を踏み入れるごとに私の背丈が小さくなっていく。
先月行われた「よこすか 佐藤さとるコロボックル展」の入り口には、ファンタジーな世界に入るかわいい仕掛けが施されていた。
この展示は、野比東小学校図書ボランティア 中原果奈子さんの心に灯った光から始まった。

右端が入り口。一歩あるくたび、小さかった葉が大きくなる。  

佐藤さとるさんは、横須賀市出身の児童文学作家。ファンタジー文学の第一人者で『コロボックル物語』をはじめ多数の著書がある。
今年永眠されたのちも、みなの次世代へ読み継ぎたいという想いにより、展示会が各所で開催されている。今回の野比東小学校もそのひとつだ。

佐藤さとるさんの紹介ボードや、その世界を模した顔出しパネル。
会場の展示パネルは子供の目線に合わせた位置に。

 

「おおきなきがほしい」絵本の世界を校舎内の吹き抜けで実現。

 

灯された光、校長先生へ
中原さんが、津久井浜にある絵本専門店「うみべのえほんやツバメ号」の店主 伊東ひろみさんから聞いたお話しから、この展示の企画がはじまった。それは、佐藤さとるさんが永眠された数日後だった。
その時、中原さんのこころに、是非この素晴らしい本を今の子供達に知ってもらいたい、そして語り継がれる本にしたい、という想いが灯った。
そしてそれを実現すべく、自分の子どもが通う小学校の諏訪校長先生に話を持ち掛けた。

 

最近の子供は映像を見る機会が多いが、本から想像する世界に入る事が少なくなっていると諏訪校長先生。
『見て、読んで、体験して、楽しんで。読書の面白さやファンタジーの世界に触れられる、素晴らしい機会にしよう』と、展示会実施を快く承諾してくれた。

 

その後、横須賀市PTA協議会 学校図書館ボランティア活性化委員会に所属する本校と他校とで情報を共有し、県立神奈川近代文学館や、よこすか佐藤さとるコロボックル展実行委員会の協力を受け、着々と準備を進め、展示会が実現したのだ。

図書ボランティアの皆さん。右端、司書の山田さん。お休みの中、準備に駈けつけてくれた。

 

自身も本が好きだという諏訪校長先生。展示の呼びかけを機に児童の図書利用数も伸びていると嬉しそう。貸し出し用展示パネルなどは図書の長谷川先生が運搬。この顔出しパネルは、野比東小学校図書ボランティアが一から制作。左、諏訪校長先生 右上、中原さん 右下、図書担当の長谷川先生

 

おにぎり山で
野比東小学校は、山と緑に囲まれた環境にある。学区内には通称「おにぎり山」と呼ばれている山があり、コロボックルの住む山とイメージが重なる。

「おむすび」を転がしたような山に住むコロボックルたち。ひょっとしたら、おにぎり山にも住んでいるかも!?

 

展示では、自分がそのおにぎり山の中にいるような風景をタブレットで再現。
上下左右どの方向に傾けても360度映像が回転して、リアルさから想像の世界へ繋がる体験もできるようにした。
中原さんの熱意が伝わる、アイディアに満ちた演出がいきていました。

 

タブレットの中の山のせせらぎをじーっと見ていると、『アッ!今何かが動いた!!』子供も筆者も声をあげる。瞬く間に、何かが現れ姿を消した!

 

横須賀市の図書館から集めた50冊の本がずらりと並ぶ。子供達は本の世界へ入りこみ、読書に夢中。

 

色々な協力があってこそ
学校内にコロボックルコーナーを設置したのが6月。それから、全校生徒を対象に読み聞かせなどを経て、この展示は実施された。
11月22、24、25日の3日間で、大人150人、子供30人が来展。12月6日迄の校内展示来場者数、全校児童数、職員数を合わせると、来展者数は延べ600人以上となった。
たくさんの方に見て頂き大盛況で終わったコロボックル展。ボランティアさん一同、関わったみんなが満足できた企画展となりました。

 

回の展示で、佐藤さとるさんの本がたくさんの人達に広がっていき、本を読むきっかけにもなったと思います。
図書ボランティアに参加するお母さんも増えていって、そして、このように楽しく有意義な企画がいっぱいできたらとっても素敵だなと感じました。

 

Satoru Sato is a child literary writer born in Yokosuka city and he is leading fantasy literature has numerous books including "Korpokkur story".
Nobihigashi elementary school, book volunteer staff Minako Nakahara said, "Those should be definitely taken over to a children". Then, in order to make it happen, she talked to school principal Ms. Suwa…

INFO

野比東小学校
電話 046-847-1031