yokosuka_rogo

プレイバックシアター(即興再現劇)「いじめ問題」に取り組む旗手Playback Theatre – Standard-bearer works on the issue of bullying.

 | ,  | 

English to follow

 

「この再現劇は、『弱者の希望』となると感じた」
差別により学校に通えなかったため、読み書きが出来ずに大変な思いをして生きてきた。高齢で奮起し、識字学校に通い、何とか卒業して嬉しい。
その話を語ってくださった女性の劇を見た後の、何とも言えない誇らしいような嬉しいような笑顔を見た時に衝撃を受けたという「劇団プレイバッカーズ」副代表を務める佐藤久美子さん。

 

参加者から語られる過去の出来事、そのときの情景や思いをその場で聞き、打ち合わせなしに即興で演劇として再現する。それが、劇団プレイバッカーズがやっている「プレイバックシアター(即興再現劇)」。

 

「自分の体験談が目の前で再現されることで、もう一度自分の心のどこかがノックされる。誰かに聞いて知って欲しかった気持ちが受け取ってもらえたり、新たな視点でその出来事をとらえられる。自分のなかですとんと落ち着くの。集まったひとたちにわかってもらえるよろこびもある」と佐藤さんはプレイバックシアターについて、情熱的な言葉で、しかし終始落ち着いた口調でお話しをしてくれた。

 

そして、プレイバックシアターのさらなる魅力を聞いていくと、何と世界50か国以上で広まっており、世界大会やアジア大会という形で交流、研鑽しあっているという。その中のエピソードも話してくれた。

 

以前シンガポールで実施された「プレイバックシアターアジア大会」では、こんなことがあった。フィリピンのメンバーの祖父が戦時中から抱えていた、日本への嫌悪感に対して、実際に日本に行ってみると変化した話を即興劇として演じた。その際、役者と観客、それぞれから表出したさまざまなわだかまりやこころのとげなどの感情が、国や文化、歴史を越えて融和した瞬間があったそうだ。プレイバックシアターが「平和の旗手」としての役割をも担えると感じた瞬間だという。

 

 

プレイバックシアターと出会ったことで、自身が小学校の先生だったころから思っていた、「いじめ問題」の根の深さ、こたえの無さ、また学校組織の一員としての対応の限界、それらを解決できるかもしれないと感じた佐藤さんは、アメリカに行きその手法を実際に学んだ。教員視点を活かしつつ、メンバーと共に日本の子どもたち、教育現場に合うようにアレンジするなかで、社会の一員としての自分の役割を感じていくようになった。そのような積み上げの中で出来上がったのが、文化庁の助成を受け、現在全国の小学校で行っている「演劇によるいじめ防止授業」だ。

 

 

小学校でのいじめ防止授業は、きっと自身の教員としての経験はもちろん、かつて弟が受けた壮絶ないじめに対して姉としてなにもできなかったときの思い、会社員として社会と接した経験や視点、大学の非常勤講師として若者に教育するひとりの大人としての立場など、さまざまな要素が織り交ざってつくり上げられているのだろうと思う。

 

子どもたちが自分で語るいじめに関わる経験や思ったことが、即興劇として表現されることでどのようにかれらの心に返り、受け止められるのか。見てすぐにわかることではないかもしれないが、その現場を実際に感じてみたい。12月に市内の小学校で実施するこの授業、次回はその授業の現場をみてみたい。

 

 

Playback Theatre is an original form of improvisational theatre in which audience or group members tell stories from their lives and watch them enacted on the spot. Ms. Sato is vice-representative of “Playback AZ Theatre Company”. She just wanted to solve the issue of bullying through the playback theatre. And then, she went to US to learn the method and built the class of bullying prevention. The class of bullying prevention will be held at Yokosuka in December. We will report it next time.

INFO

劇団プレイバッカーズ 副代表  佐藤久美子
URL:http://www.playback-az.com/index.html
Mail:samantha@playback-az.com