星の佐藤さんと天体観測してみませんか? Would you like astronomical observations

 | ,  | 

English to follows.

 

横須賀市平作のとある戸建ての屋上に一風変わった建造物が設置されています。建造物の正体は、なんと天体ドーム。そのお宅は、近所でも星好きで有名な佐藤博さんのご自宅。横浜から転居して家を建てる時に、星好きが高じて屋上に天体ドームを設置したそうです。天体ドームの重さは2トンもあるため、ドームと家が一体化した設計が必要になり、屋上の壁は遮光のために高さにこだわるなど施工業者と綿密な話し合いを重ねて出来上がった自慢の天体ドームです。ドーム内には口径128mmの屈折望遠鏡と355mmの反射望遠鏡を搭載、アマチュアの天文台としては贅沢な装備が取り揃えられています。

 

天体ドーム内に設置された屈折望遠鏡と反射望遠鏡

地域の子どもたちと星空鑑賞
自宅に天体ドームを設置するほど星好きになったきっかけは、小学校4年生だった時の担任の先生が天体望遠鏡で星を見せてくれたこと。高性能な天体望遠鏡で、自分の眼でリアルな星を見た感動が今も心に刻まれているとのことです。
「今はインターネットで検索すれば、星の画像なんてすぐに手に入っちゃうでしょ。そうではなくて、遠く離れた宇宙の星を自分の目で見ることが大事なんです。幼い頃にそのような経験をすることって、心に残るでしょう」と熱く語る佐藤さん。
この天体ドームを設置したのはもう27年も前の話、すでに成人された息子さんら家族と何度も星空を観測したそうです。

 

この天体ドームから素敵な星空を眺めることができると自然と近隣に広まり、佐藤さんのご自宅の屋上に子どもたちが集まるようになりました。そして、何回も天体観測が行われ、何人もの子どもたちが星空に思いを馳せてきました。その観測会はいまだに続いています。

 

星は世界共通のコミュニケーションツール
プラントの設計の仕事をされてきた佐藤さん、今年の3月で退職とのこと。
「星って、世界共通なんですよね。昔ね、海外でプラント設備を作る現場で働く同僚から、現地でのジャコビニ流星群の出現予想時刻を教えて欲しいって言われてね、教えてあげたんですよ。過酷な作業現場の仲間たち千人位が、流星が流れるたびに大喜びしたって聞いてね。星ってどの国の人でも感動させる力があるんですよね」

 

そんな星好きの佐藤さんが憂うのが環境の変化。
「横須賀周辺も開発が進み、このあたりでも昔のように星空を観察するのが難しくなってくるかもしれません」
佐藤さんはかつて『星空を守る会・三浦半島ネットワーク』の代表として防犯灯や街路灯が「光害」となり星の観察がしにくくなるため路面にだけ光が向かう電灯を設置するよう行政に陳情するなど奔走したこともあったそうです。
「星空は天気や環境などの要因に左右されるんですよね。そこにいるのに簡単に出会えないのも、楽しみの一つかもしれませんね」
綺麗な星空を観たい方は、お早めに「星の佐藤さん」までご連絡ください。


Long time ago, I told my friend, working at the plant overseas, the expected time of appearance of the Giacobini meteor shower in the sky.
A thousand of my colleagues in a worksite saw it, then they were delighted with meteor flowed.
Stars have a power to impress the people and it would be universal communication stuff, too.
Children from the neighborhood gather in the nature on the rooftop, and astronomical observations are taking place.

INFO

名前 佐藤 博
住所 横須賀市平作5丁目
Email: bxb03314@nifty.ne.jp