ちいさなところからでも社会問題の一助に。“Project 90”湘南衣笠ゴルフ Giving a solution, even if small, to social issue.“Project 90” Shonan Kinugasa Golf

 |  | 

English to follow


横浜横須賀道路の衣笠インターチェンジからほど近い、ゴルフ打ちっ放し練習場“湘南衣笠ゴルフ”は、今年3月から、シニア世代利用者のための「Project 90」という取り組みを始めた。
理学療法士による、健康をテーマにしたトークイベントをメインに、スポーツトレーナーの指導による適切なストレッチ方法の講習会や、介護福祉士による老後の生活や介護知識のお話し会など、さまざまなイベントが毎月実施される。今月は、自動車学校経営者を講師に招き、高齢者の運転に関しての勉強会を実施した。

 

高齢者の運転による事故の傾向や注意すべき点など、熱心に聞く参加者

 

ここ「湘南衣笠ゴルフ」の利用者の平均年齢は約70歳。代表取締役の岩﨑聖秀さんは、この主要利用者層である60~70歳前後の方々が、この先90歳になった時でも元気に仲間とゴルフが楽しめるようにと、「健康」をテーマにした情報発信をしながら、新たに仲間や友だちがつくれる、そんな利用者間コミュニケーション機会を創ろうと、この「Project 90」を立ち上げた。
イベントの回を重ねていくごとに、利用者それぞれに健康に関する目標や習慣などが生まれ、その共有感や競争感などによる仲間意識も徐々に芽生え育まれてきているという。

代表取締役の岩﨑聖秀さん

経営理念は、「『楽しい』をフックにした活動を通じて、社会問題解決の一助となること。
「たとえちっちゃい活動でも、社会の一助となりたい。そして人があつまって楽しく地元を盛り上げたい」と岩﨑さん。
高齢者の健康や仲間作りなどをサポートするこの活動は、彼の経営理念にぴったりとハマっている。

 

彼が三浦市で運営している、空き家をリノベーションしたおしゃれなベーグル屋「みやがわベーグル」は、空き家の再生と、その有効利用、収益化の実施例として注目されてきた。

空き家の再活用と収益化で注目されている「みやがわベーグル」(HPより)

三崎のコワーキングスペースである「波止場商店」は、デザイナーなどのクリエイティブらとさまざまな地元のひとたちがあつまり、地域を楽しく元気にしていくプランが次々と生みだされる基地となっている。
周りのひとたちを楽しく巻き込みながら、手がける事業それぞれの活動で、理念を具現化している。

 

「Project 90」では、利用者間のより一層の連帯感や仲間意識をいろいろな角度からサポ―トしていこうと、ロゴマークをデザインしたバッジの配布や、より知り合い触れ合う機会を増やすべく、雀荘を近隣に併設することなども考えている。彼のアイディアの泉は、楽しさとひとのつながりというキーワードに満ちていて、枯れることを知らないようだ。

 

「地元企業は地域の方々にお世話になって成り立っているから恩返しはしていきたい」と岩﨑さん。

元気にナイスショットを放つ利用者ら

このシニア向けの活動で成功の実感が得られたら、他世代にも活動の幅を広げ、先ざきは世代間の交流も仕掛けていきたと語っていた。

 

The average age of users in "Shonan Costume Golf" is about 70 years old.
Mr. Iwasaki, Managing director, launched "Project 90" from March. 2019, has "health" theme.
The purpose of this "Project 90" is that to keep enjoying playing golf even if the people, who is around the age of 60-70, who are the main users, get 90 years old.
Each time the event is repeated, each user is given their own health goals and habits, and their friendliness due to their sense of sharing and competition are gradually emerging.

INFO

湘南衣笠ゴルフ

https://sk-golf.co.jp/
TEL 046-836-0378