[読書坂下のアートなブックカフェAMIS] AMIS, A artistic Book-Café, where just under the “Reading slope” of Central library

 |  | 

English to follow

 

緒明山公園(通称:読書公園)の前に建つ横須賀市中央図書館から、急な坂の読書坂を下って右に曲がり間もなくのところにブックカフェ「BOOKS&COFFEE AMIS(エイミス)」はある。

横須賀市中央図書館へ行く道すがらにあるBOOKS&COFFEE AMIS

店内には美術、インテリア、子ども向けの絵本、日本文化等さまざまなジャンルの本が並ぶが、ひときわ目を惹くのは洋書のコーナーだ。

 

思わず目が行く、ビジュアル洋書の棚。

インテリアにもなりそうな本は眺めていているだけで楽しめると言うのも、店主である稲葉惠一さんは、かつて青山ブックセンター六本木店や東京ランダムウォーク六本木ストライプハウス店の店長を務め、多くの客を魅了するディスプレイを手掛けてきた。
「自分がつくった棚をお客さんが、どう回遊して、どこで立ち止まり、どんな本を手に取るのか、見ているのが楽しかった」

 

BOOKS&COFFEE AMIS店長・稲葉惠一さん。カフェスペースにて

棚づくりは毎日がフィエスタ

 

現在も棚づくりにかける情熱は同じ。「棚づくりは文章を書くのに似ている」
と、稲葉さんは熱く語る。「どこで句読点を打つか、どの本を面出しにしてアクセントをつけるか」など、棚を目の前にし溢れ出てくる思いを語ってくれた。
「強い思い入れのある1冊の本があることで棚が引き締まるんです」

棚を前にディスプレイについて熱く語る稲葉店長

新刊書店では自分が並べたい本は注文すれば手に入ったが、古書店では自分が並べたい本が手に入るとは限らない。時には採算度外視の仕入れをしてしまうと苦笑いする。
「(棚づくりは)毎日がフィエスタだよ」
東京勤務時代から稲葉さんが師と仰ぐデザイナーの杉浦康平氏の言葉だと教えてくれた。日々を彩るデザインが、皆を魅了し喜ばせる様はまさにフィエスタ※であるとの意だ。

 

「自分のつくった棚で本が売れた時が一番うれしいね」と笑顔で語る稲葉店長

カフェスペースで至福の時間を…


「お茶飲みながら、お客さんから学ばせてもらうことも多いんですよね」
店内にはカフェスペースもあり、コーヒーに加え、稲葉さんの奥様手作りのジュースやお菓子も楽しめる。

 

稲葉店長の奥様お手製の焼き菓子とケーキは美味しいと評判

購入した本を片手にコーヒーを飲みながら、至福の時間を過ごすのも良し、話題豊富な店主と読書や映画談義に花を咲かせるのも良し、本好きにはたまらない時間と空間がAMISにはある。

 

※スペイン・ラテンアメリカにおける祭り・祝祭を意味する


Inside the store are books of various genres such as art, interior, children's picture books, Japanese culture, etc. Especially, the corner of Western books attracts attention.
That is because the owner, Junichi Inaba, has been manager of the Aoyama Book Center Roppongi store and the Tokyo Random Walk Roppongi Stripe House store.
He has worked on displays that attract many customers.
“It was fun and interested to see how customers traveled around the shelves I designed, and where they stopped and had a look, and what books they picked up on their hand”, he says.

INFO

BOOKS&COFFEE AMIS

住所 横須賀市上町1-41
営業時間 12:00-19:00(月曜休み、月曜が祝日のときは火曜休み)