yokosuka_rogo

散歩の素人~てくてく横須賀田浦編~

 |  | 

はじめまして!リポーターの元木花香もときかこうと申します。

 

「行ってみたい、やってみたい、会ってみたい、食べてみたい!!」と皆さんに思ってもらえる情報をお伝え出来るよう、私も楽しみながら日々情報収集に励みます。どうぞ宜しくお願いします。

JR田浦駅。まずは、ここからスタートです。駅舎はトンネルとトンネルの間にあります。

明治37年開業!?両端をトンネルに挟まれたJR田浦駅

 

ご存知の方も多いと思いますが、JR田浦駅では11両編成の列車では一部のドアが開かないドアカットがあります。駅舎が谷戸地形にある為、プラットホームの両端はトンネルでサンドイッチ状態となり短くなっています。

 

そのため、うっかりしていると降りられない事態に!慌てて車両移動し降車している人を見たことがあります。田浦駅で降りる方は気を付けましょうね。

 

余談ですが、関東の鉄道でドアカットがある駅はJR田浦駅以外に3つしかないそうです。東急大井町線 九品仏駅(前後が踏切)、江ノ島電鉄 腰越駅(踏切と併用軌道に挟まれた構造)、東武スカイツリーライン 東武浅草駅(急カーブによる安全対策の為)。ドアカットの駅散歩も面白そうですね。

JR田浦駅北口。長浦港へ

今も残る専用線跡。軍港、捕鯨基地としても栄えた長浦港

 

JR田浦駅北口(海側)から長浦港に進み、今は相模運輸倉庫が保有する倉庫群と旧海軍施設があった専用線跡が残るエリアへ。

 

長く横須賀に暮らしながら、実は初めて長浦港を歩きました。周囲はレトロな雰囲気が漂い、まるで外国に来たかのような錯覚に陥ります。

 

見えてきたのはFマークを掲げるF号倉庫。外壁には蔦が多く茂り、窓枠も歴史を感じさせる昔の設えで渋い味を出しています。

長浦湾最古(大正6年築)のF号倉庫。蔦が這うレンガ造りのモルタル塗り倉庫が絵になります。

さっそく、道路に引込線が見えてきました。どこまで続いているのか!?期待が膨らみます。

日本では珍しい平面クロスポイント。(手前と奥に2か所)チェック模様みたいで面白い!

昔の踏切!?「なにこれ?」を探すのも散歩の楽しみの一つ。

JR田浦駅を背に、F倉庫から比与宇トンネル方面へ専用線伝いに少し歩くと、左手に屋根が三つ連なる大きな倉庫が見えてきます。周りに高い建物が無いのでひと際目立つ迫力。外壁トタンの錆具合も独特の雰囲気と存在感を発しています。

 

この倉庫は、旧海軍長浦倉庫と言われ、かつては、各工場から集められた兵器や軍艦で使う燃料、食料、被服までの一切の軍需物資を保管し、軍艦や前線に送り出す役目を担っていました。今では静かにこの場所に佇んでいますが、軍港横須賀の歴史を物語る貴重な倉庫として今も姿を残しています。

 

既に取り壊されてしまった倉庫もたくさんありますが、現存の倉庫群や専用線が十分に昔の面影を感じさせます。旧海軍時代の世界を堪能しました。

旧海軍軍需部長浦倉庫。なにやら、事件が起こりそうな予感…

昔の消火栓。映画のセットの一部みたいでとてもステキ。

線路の枕木もまだ残っています。低めのアングルも絵になりますね。

コンクリートの隙間から!?根性ヒルガオ。植物の生命力に感動。

 

田浦駅山側にある、“の”の字坂をぐるぐる散歩

 

田浦長浦湾倉庫群を後にして次に向かったのはJR田浦駅山側エリアです。

 

散歩に出かける前に地図を見ていて、ものすごく気になった場所がありました。平仮名の「の」の字のようになっている道路が!

 

現地で実際に土地を見てみると、螺旋を描き道路がループ状になっているとても面白い道路でした。地元では「のの字坂」と呼ばれているそうです。この道は、戦時中山の上にある「城の台」という場所に砲台を築くため物資輸送用として作られたそうです。住宅地の中にも、軍港だった横須賀の歴史がちりばめられていて驚きました。

のの字坂、まさに“の”の字になっていました!思わずパノラマ撮影。桜の季節も穴場スポットで良さそうですよ。

のの字坂にかかる橋は、「のの字橋」と呼ばれているそうです。

 

さらに、のの字坂を登って行くと、月見台という場所に到着。上り坂続きだったので、見晴らしの良い丘の上で小休憩をいれつつ、次の目的地横須賀の秘境へ。「浦賀道(十三峠)」の標識を目印に、物凄く急な階段を一気に下ります!

浦賀道(十三峠)の標識。いずれ浦賀道散歩も紹介したいと思います。とにかく急な下り階段が続きます。月見台からの高低差は30mくらいでしょうか!?

 

この散歩の続きは、次回の記事で!知る人ぞ知る、横須賀田浦のパワースポットをご紹介します!!