yokosuka_rogo

あたたかい沿道の人たち ~よこすかシーサイドマラソン~

 | ,  | 

昨日、「第41回 よこすかシーサイドマラソン」が盛大に開催されました。
“ヨコスカ織り人”からも数人がエントリーし、晴天のもとランを楽しみました。

 

海沿いのランニングコースがとても気持ちよい。
昨今のランニングブームも手伝って、種目によっては、開始から数日でエントリー予約が一杯になってしまう人気大会になっています。走る”という趣味を通じての婚活種目「LOVE RUN」もありました。楽しみのバラエティーさもありますね。

 

風光明媚な横須賀の海を眺めながらのランが、この大会の醍醐味ですが、もうひとつ、沿道の人たちがとてもあたたかいのも大きな魅力のひとつです。


ベンチに腰掛け、旗を振り振り応援しているおばあちゃんお2人と、少しお話しをしました。お近くにお住まいで、毎年ここに座って声援を送ることを楽しみにしているとのこと。
もっとお話ししたかったけど、「あんたぁ、こんな話ししてないで走んなさいなぁ…、早よ行きぃ早よ行きぃ。」と。
それもそうだ。応援ありがとうね おばあちゃん、また来年。

カメラに笑顔をお願いするも、「遅くなっちゃうよぉ、早よ行きぃ・・・」と、心配してうまく笑えない手前のおばあちゃん(笑)。

レース後半、ときどき停まってはストレッチを繰り返していた私に、サイクリング途中のご夫婦がチョコレートをくれました。「(ゴールまで)あと少し。ゆっくり、休み休みでいって」と。
チョコレートの甘さがカラダに染みわたった。本当にチカラがでました。

市内在住のサイクリストご夫婦。甘みとお気持ち、きっとずっと忘れません。

給水所のスタッフみなさんがハイタッチしてくれたり、交通整理スタッフが大きな声援をおくってくれたりと、あたたかいのは沿道の方々に限らず運営サイドも同じ。

 

「よこすかシーサイドマラソン」。ローカルならではの親しみやすさや、新しいことへの取り組みで、これからもずっとランナーを楽しませてほしい。